京都市西京区の内科・小児科・レントゲン科・胃腸科|宮本医院

TEL:075-391-2323

〒615-8083 京都市西京区桂良町15-1

花粉について

インフルエンザ・予防接種 花粉症について 肺炎球菌ワクチン
HOME»  花粉症について

花粉症とは

スギやヒノキなどの植物の花粉が原因で起こる、アレルギー性の病気です。
現在、日本人の約20%が花粉症だといわれています。

人間の体には、体内に侵入しようとする外敵(異物)をやっつけようとする働き(免疫機能)がありますが、この外敵に過敏に反応して、無害な花粉にまで免疫機能が働いてしまうと、アレルギー反応が起こります。

具体的には…

  • 花粉を体内にこれ以上入れないよう「くしゃみ」で吹き飛ばす
  • 体内に進入した花粉を「鼻水」や「涙」で体外に排出する
  • 「鼻づまり」を起こすことで花粉が体内に入れないようにする
  • 「かゆみ」を発生させかくことによって体外に追い払う

などの症状です。これが花粉症の症状です。

花粉症はアレルギー体質の人に発症しますが、8割は遺伝的な要因であり、20~40代の女性に多いといわれています。遺伝的な素因に加えて住環境や食生活などのさまざまな要因が重なって起こります。

症状

花粉症の症状

くしゃみ・鼻みず・鼻づまり・目のかゆみが花粉症の4大症状といわれます。

アレルギー反応によりヒスタミンなどの化学物質が細胞などから放出されると、神経や血管を刺激します。
これらの化学物質で知覚神経が刺激されると、「くしゃみ」、「鼻みず」や「なみだ」が出て、さらには「目のかゆみ」、「鼻のかゆみ」なども起こります。
また血管が刺激されると血管が拡張し、血管の壁が緩んで透過性も高まり血液中の水分が周囲の組織に浸み出てくるために、むくんできます。
鼻でそのような現象が起こると、鼻の内部が腫れて「鼻づまり」を起こします。
同じようなことが目の血管に起こると「目の充血」となります。

花粉が引き起こす症状は鼻や口だけではなく、症状がひどい場合は、まれに喉が痛くなったり、発熱する場合もあります。
のどや気管の粘膜に付着した花粉がのどのかゆみや咳の発作を起こしたり、顔など露出している皮膚に花粉が付くと顔がほてったり、ビリビリしたり、湿疹や皮膚炎が起こります。
鼻や口からのどに入った花粉を飲み込むと、胃や腸などがアレルギーを起こし、消化不良や食欲不振が起こることもあります。
その他に頭が重くなったり、ボーっとしたり、倦怠感や熱感、イライラなどの多彩な全身症状が起こり、肉体的にも精神的にも大きな苦痛を伴い、仕事や勉強の効率を著しく悪化させます。

原因

花粉症の原因

花粉症の原因となる植物は、現在、日本では40種類以上が報告されています。

これらの花粉はほとんど風媒花で、風で花粉が運ばれるため、開花期には大量の花粉が飛散し花粉症の原因になります。
スギやヒノキは大量に植林され、風に舞った花粉は上昇気流に乗り季節風に運ばれて、数十km離れたところまで飛んでいきます。

イネ科牧草(カモガヤなど)やキク科雑草(ブタクサやヨモギなど)も、代表的な花粉症の原因植物ですが、雑草花粉が飛散する範囲は半径数km程度なので、雑草花粉による花粉症は、住まいや職場の周囲の空き地や河原などに原因植物が繁茂していることがしばしばあります。

一方、庭に植えたりお部屋に飾ったりするような観賞用の花は、ほとんどが虫媒花で、虫が花粉を運ぶため、花粉の量は少なく、また、空中に飛びにくいので、お部屋に花を飾る程度で花粉症になることはありません。

予防と対策

アレルギー性の病気は、自律神経のバランスがよくないときに症状が悪化するため、日頃からの心身の鍛練も重要な花粉症対策のひとつとなります。
少しの刺激で体が過敏に反応しないように皮膚を鍛えるには、乾布摩擦・冷水摩擦や薄着の習慣が効果的です。
また、運動を積極的に行うことで鼻の粘膜の血行が良くなれば鼻づまりは軽くなります。(ただし花粉シーズン中の戸外の運動には注意が必要です。)十分な睡眠やストレス解消も大切です。
また、栄養のバランスを考えた食生活を送ると共に、喫煙や香辛料、飲酒を控えるといった心がけも必要です。

●身近な対策法

1.住まいのまわりの原因植物は除草しましょう
ブタクサやカモガヤなどの雑草が身近に自生して居る場合は、花粉があまり遠くまで飛ばないのが特徴のため除草である程度は防ぐことが可能です。
除草を行う場合は根本から除草しないと翌年また花粉症の原因となります。花粉の飛散時期に除草を行う場合は花粉症の人はマスクやメガネなどを忘れずに使用して下さい。
2.メガネやマスクを用いて花粉を体内に入れないようにしましょう
予防対策の基本は、花粉を体内に入れないことです。
スギ花粉の時期が終わっても身近な生活環境(自宅の周囲、通勤、通学など)に原因となる植物がある場合は、マスクやメガネは常備しておくとよいでしょう。
また、花粉症対策で使用するメガネは、横の空いたメガネより、横にカバーの付いたゴーグル型のメガネが効果的であると報告されています。
良いマスクの選び方は、花粉がよくとれることですが、息がしやすいということと矛盾した関係があります。
高価なマスクより安くて良いマスクを使い捨てする方が衛生面からいっても良いと考えられます。花粉によるマスクの目詰まりを考えても1日1回の使い捨てができるものを選びましょう。
3.花粉を室内へ入れないようにしましょう
花粉を室内に持ち込まないことが大切です。
帰宅した時に必ず衣服をよく払い、洗顔、うがい、入浴を行い、外出時にきていた服は取り替えるなどの配慮が必要です。
4.室内に入った花粉を除去しましょう
室内に進入した花粉は、かなりの時間室内の空気中に浮遊し続けますが、いずれは床面などに落ちるので掃除をまめに行ないましょう。
掃除は花粉だけでなく室内のハウスダストやダニの除去にもつながります。
空気清浄機は、ほこり、ダニ、花粉の除去が可能とされている「静電気フィルター式」「電極板方式」「フィルター方式」などのものがあります。花粉に対する報告はありませんが、通年性の鼻アレルギー患者では空気清浄機の使用で改善度は75%以上であったと報告されています。
PageTop